アーチスト紹介

優しく包んでくれた、あの日の月

「月を見ているだけで、こんなに気持ちが落ち着くなんて……」
 夜空に浮かぶ月を眺めながら、西山裕人はしみじみ思った。まるで母親の懐に抱かれるような安らぎを覚え、それまでの絶望感が少しずつ溶解し、希望の光が自分の心に差し込んでくるのを感じていた。
 裕人が生まれ変わったのは、40歳という節目の時だった。
 それまで父から継いだ箔工芸業に専心し、多忙な日々を過ごしていた。昼間、上を見上げれば太陽と青空があり、夜になれば月や星が輝いているという当たり前のことも失念してしまうほどがむしゃらに仕事をしていた。
 しかし、時代とともに着物の需要は減り続け、高級帯を生産する西陣でさえ、その打撃から免れることはできなかった。ただ安ければいいという価格競争に巻き込まれ、柄絵箔業の将来を悲観した裕人は、会社の経営を弟に託し、箔工芸作家として生きていこうと決心した。
 それだけでも、相当無謀な挑戦と言わざるをえないが、その頃、別の問題がもちあがっていた。離婚に直面していたのだ。結局、妻と別れ、2歳、4歳、8歳の3人の幼子を引き取ることを決断した。
 収入のあてもなく、一日中手のかかる子供を育てなければいけないという境遇になってしまったのだ。
 身も心も疲れ切っていた。そんな時、ふと見上げると夜空に玄妙な月が浮かんでいた。
「あの時の感覚をなんと言えばいいのでしょう。絶望の淵にいた僕を優しく包んでくれたのです。あの時、月が癒してくれたからこそ、少しずつ活力を取り戻すことができました。今、月をモチーフにして作品づくりをしているのは、月への感謝の気持ちをずっともち続けたいからでもあるのです」
 その言葉通り、彼が表現する月には、万斛の思いが込められているようだ。
 その頃、彼は雅号を名乗り始める。それが、裕人礫翔だ。「礫」は石のようにどっしりと構えた状態。それが高く羽ばたくようにとの願いを込め、「翔」の字を加えた。ファーストネームが前に来ているのは、世界で勝負することも視野に入れてのことである。

箔工芸家への道

 裕人礫翔は1962(昭和37)年、京都の西陣で生まれた。西陣とは、京都市上京区から北区にわたる一帯を指し、高級絹織物「西陣織」発祥の地として世に知られている。
 礫翔の父・西山治作は箔工芸を営み、市の伝統産業技術功労者にも認定されていた。
 箔とは、展延性のある金、銀、プラチナ、真鍮などの金属を打展して厚さ約0.0001ミリの薄い膜状にしたものをいう。箔を柿渋や漆をひいた和紙に貼り、細い線状に裁断したものを絹と合わせ、帯や着物の素材にする一連の作業が箔工芸である。
「物心つくと、父から『おまえは将来、家業を継ぐのだ』と言い聞かされていたので、自分も箔工芸家になるのだと信じて疑いませんでしたし、父の仕事の現場がそのまま僕の子供の頃の遊び場でもありました。ただ、僕が父の会社に入る前も後も、手取り足取り教えてもらったことはないですね。『見て、盗め』が基本です」
 自ら学びたいという意欲が膨らんでくるまで待つ。それは根気の要る指導法だが、じつに理に適っているともいえる。
 特殊な技術を習得するうえで、最良ともいえる環境で育ったことにより、礫翔は基本を固めることができた。今、彼が手がけている仕事は、若い時分に培った技術があってのことだろう。

想像の余白

 将来、父の後を継ぐと心に決めていた礫翔だが、意外なことに京都芸術短期大学(現・京都造形大学)の油彩科に進む。同大学の油彩科は抽象的な現代美術に特化している。
「抽象画は、見る者に想像する余地を与えてくれます。人それぞれ何を感じてもいい。もちろん、それは具象画の世界にもあることですが……。そういう意味では、着物や帯の文様や柄とも共通しているのではないかと思っていました」
 礫翔は、カンディンスキーやマーク・ロスコが好きだというが、具体的なモチーフを描かずに季節感や心情を表現する着物や帯とそれらは通底するものがありそうだ。
 2年間、自由に現代絵画を学んだ礫翔は、京都市内の着物問屋に就職した。
 その会社に在籍していたのは約4年半。その間、日本全国を回りながらそれぞれの土地の特色を知り、多くの友人をつくった。
「京都にいるだけではわからなかったことも学べました。例えば、大島紬や結城紬など、産地それぞれにどのような特色があるのかを肌で知ることができました。今、僕の仕事のフィールドは単に箔工芸だけに限らず、アパレルなどとも密接に関わっていますが、その原点がその頃にあるのではないかという気がします」
 その後、父の会社・西山治作商店に入社した。充実感をもって仕事をしていた彼だが、時代の移り変わりとともに、心に変化が現れる。

人はなぜ金や銀に惹かれるのか

「箔をつける」という言葉がある。「値打ちが高くなる」とか「貫禄がつく」という意味として使われることが多いが、それからもわかるように、昔から日本人は箔に対し、高い価値を見出していた。否、日本人に限らず外国人もしかりだろう。
「昔から御仏は金色に輝くと言われていました。また、金色は雅でありながら、権威の象徴としても崇められてきました。東南アジアではラッキーアイテムとして定着しています」
 金は、地球という惑星と悠久の時間が結合してできた、稀少な金属である。富の象徴として扱われることになったのも当然といえば当然だろう。また、「箔屋、がん知らず」という言葉があるように、金や銀は人体を健康に保つ力を内包しているようだ。
「金を打展することによって0.1ミクロン厚に引き延ばしたものが金箔です。その厚さで均等に延ばすという技術において、日本は世界最高のレベルにありますが、そういうことも、箔工芸の進化に大きく寄与してきたと思います。
 通常、金97%に銀と銅を混ぜて延ばすのですが、金の含有量が多いほど赤みが増し、逆に少なくなるほど青みが増して薄くなります。そのあたりの微妙な色合いを考慮して金箔を作ってもらうのもセンスの出しどころですね」
 そのような特性をもつ金(あるいは銀など)を着物や帯に応用したというところが、日本人の大胆さといえる。
 ところが、いかに高級西陣織といえど、寄る時代の波には勝てず、徐々に安物に抗えなくなった。価格競争が横行し、品質は二の次という傾向がますます強くなってきた。「作っていてもおもしろくない」と思っていた礫翔は一念発起し、創作家として独立する。

月に願いを

 ところで、礫翔は金よりも銀の方が好きだという。彼の月に対する愛着を推し量ればそれも頷ける。
「銀は硫黄と熱によって酸化させることで、淡い金→濃い金→赤い金→青い金→緑→紫→黒→墨と変化します。酸化を途中で止めることによって自分が欲しい色を得るのですが、そのさじ加減がとても難しい。金はシャープで色が安定していますが、銀は時間の経過とともに変化します。扱いにくいのですが、だからこそ『さび』を表現できるともいえます。私がどれほど月に癒されたか、それを表現するには銀が最も適していると思っています」
 礫翔は、西陣という伝統の地に立脚しながら、新来のものに対してもつねに扉を開いている。その柔らかな姿勢が実を結んだ作品ともいえるのではないだろうか。

※記事写真の作品は販売しておりません。ご了承ください

1962年、京都・西陣に生まれる。

京都市伝統産業技術功労者でもある父、西山治作を師として柄絵箔業に携わる。

金銀模様箔の創作に積極的に取り組む一方、文化財保存を目的とするデジタルアーカイブ事業で、独自の再現方法を確立し、さまざまな障壁画の複製に尽力している。

作品のご購入・アーチストへのコンタクト・アポイントに関しては、
すべて神楽堂を運営している「神楽サロン」にて承っております。
右の【お問い合わせ】ボタンをクリックして、お問い合わせください。